スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ファミリー。



       空に向かっておじぎをしよう。
       わたしたちの日記がはじまる。





                         


                              ママ
スポンサーサイト
【2015/07/23 20:32】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
わたしは、きっと。


  わたしには愛する川がある
  その川にきっとが包まれてゆく
  きっとは最後の空回りをしながら
  銀色の粒の中へ消えてった

  きっととわたしは親友だった
  痛いときはよく励ましてくれた
  きっとはいつも教えてくれた
  虹が花びらになることを

  わたしはきっと愛されている
  わたしは愛されている
  わたしはあなたに愛されている
  わたしはあなたを愛してる



  
【2014/06/21 21:49】 | 詩へ バトンタッチ | コメント(0) | page top↑
愛情


  愛情とは、子供が小さいうちだけに必要なことなのか?
  愛情とは、子供が高校生だからって必要ないことなのか?
  愛情とは、こんな年になっても注がれる家族からの愛。
  だから健康なこころで生きていられるんだよ。
  子供が高校生だからって、もう親の愛情はいらないから
  仕事に専念してくれって言われた。
  冗談でしょ? 
  お金なんかいらない。 
  お金で買えないものを手放す気はないよ。
  

  愛情ってね、貯金みたいなものなんだよ。
  貯金があるから、使うことができるんだ。
  大切な人に与えることもできる。
  愛情をね、与え続けられた子は
  底をつくことがないから、
  愛情を人に分け与える人間に成長するんだよ。

  わたしの娘は高校生。
  大人になってもずっと、わたしはあなたを愛し続ける。
  わたしがそうしてもらったように。 
  
  お金なんかいらないよ。







  
【2014/06/01 21:33】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
月の本


親友以外の知人に訊かれるの彼のことを
一冊の本だどすればわたしはほんの1ページを語る

彼のことをあなたたちに一冊語ることでさえむりなの
あのね、一冊ではないの
彼は何万冊なの

わたしはわからない人に話しをしない
月の色も違う人達だからね


【2014/05/25 21:35】 | 詩へ バトンタッチ | コメント(0) | page top↑
デコボコ道を

 親友から電話が来た
 とにかく辛いという内容だった
 わたしはこう言った
 ただいま修理中と
 

 100箇所修理箇所がある
 だけどありがとうとかごめんねとかで
 修理が終わったら
 また走り出せるんだよと


 ねえ動き出したら
 デコボコ道を走ろうよ
 やっぱりデコボコ道がいいよ
 だから真っ直ぐなこころで



   
【2014/03/21 22:12】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。